サラ金とは、サラリーマン金融の略で、その名の通りサラリーマンや主婦など、個人を対象として、貸金業者が高金利の小口金融でお金を貸してくれる事です。現在では消費者金融という呼び方が一般的に使われています。サラリーマンや主婦以外でも、労働者や学生にもお金を貸す事もあり、身分証明書として学生証、保険証、運転免許証、勤務先の社員証明書などを提示すればお金を借りることができます。また、サラリーマンを対象という意味ではありますが、個人事業主、個人商店主など個人で事業をしている人も事業資金を工面するため利用しており、利用者は一括りに出来ないほど広まっています。無担保で即日にお金を借りることが出来るため、気軽に利用する人が増えました。

しかし法定金利を超える高金利を払えなくなってしまう人が続出し、サラ金地獄という言葉が流行し始めました。その支払いが困難な利用者、債務者に対する取り立ては時に脅迫めいた暴力性にまで発展し、債務者が自殺するなど社会問題にまでなりました。それ以降、消費者金融という呼び方に変わり、サービスの向上や低金利業者の介入が増えるなど、その体質も変わってきています。ひと昔前は、こうした貸金業者は高利貸という呼び方が一般的でした。戦後、1960年代の団地族を対象とした団地金融という呼び方が始まり、1965年頃からサラリーマン金融、略してサラ金という呼び方がマスコミによって使われるようになり一般的に広がりました。英国では、こうした消費者金融のことをローンシャーク、借金の鮫と呼ばれています。どちらにしても、その取り立てには暴力、脅迫が伴っています。なお、こうした呼び方はあくまで一般的な呼び名であって、日本の法令にサラ金、消費者金融という文字はありません。また社団法人神奈川県貸金業業会の会長は、こうした貸金業者へのイメージダウンを憂慮し、サラ金という言葉を使用しないでほしいという声明を出しています。(サラ金